尾張旭市の不動産売却・不動産売買はタカオエステートにお任せください。

ブログ

風邪をひいたらうどんを食べる!

風邪をひいたらうどんを食べる!

風邪をひいたらうどんを食べる。という風習が大阪にはあります。何でっと不思議に思う人も多いのではないでしょうか。



この風習は『うどんや風一夜薬本舗』という製薬会社から端を発します。この会社のかぜ薬『うどんや風一夜薬』、生まれは明治九年の大阪。当時、かぜ薬はとても高価でなかなか庶民の手には入りませんでした。『うどんや風一夜薬本舗』の創業社長は、安価なかぜ薬を大衆に使ってもらうため、うどん屋で販売してもらうように営業を始めました。大阪には、至る所にうどん屋さんがあり、まさに庶民のファーストフードでもあったわけです。ですので、風邪を引くとうどん屋さんに駆け込んでカゼを治すこの方法が、浪花の文化として、全国に広がったそうです。



アツアツのうどんは、消化が良く体が温まるばかりか、当時は化学調味料等がないため、出汁そのものも栄養満点。じっくり暖まって、カゼ薬を飲んで一晩ぐっすり休むと,少々のかぜは治ってしまうと大評判で、やがて全国に広まったとのこと。『うどんや』にある『風(かぜ)』が『一夜』で治るお『薬』。これが『うどんや風一夜薬』です。



もうひとつ面白いのは,当時、東京では同じ薬が『うどんや風一夜薬』と名前を変えて売られていたことです。大阪では『うどん』、東京では『そば』。思わぬところで、西と東の違いが発見できます。

最新記事
タカオエステートは全国で展開していきます。